TOP

スポンサーKataribe

必要になると分かる保険の有難み

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります


結婚して子供が出来るまで保険とは全く無縁な生活でした
後日知ったのですが両親がしっかりしていたので知らない間に保険には加入していたようですが

子供が出来たのを気に学資保険に入り
ついでに家族で国民共済に加入
還付金もあるし、税金も減るしなんて軽い気持ちで
それが使う日が来るなんて・・・

初めては子供でした、幼稚園のプールの時間に転倒頭を一針ですが縫う怪我をしました
子供の医療費は無料の地域に住んでるのですが
保険が下りました

次は私、自転車と原付の交通事故
被害者でしたが幸い軽い怪我で
相手の自賠責保険で治療費など賄って貰いましたが、共済からも保険が下りました

そして最後は主人、ロードサイクルで走行中飛び出してきた子供を避けて転倒
右手骨折でしたその時の子供は無傷で驚いてそのまま去っていったようです
治療費はほぼ全額共済から下りました

最近は平和ですが
育ち盛りの子供は運動系の習い事も始め
怪我との向き合わせ
家族全員、自転車中心の生活
何が起こるか本当に分からないと
実感してきたので、責めてお金の部分だけはもう少し安心を買おうと思い
自転車保険も含む少し手厚い保険に入りなおしました
加害者にいつなるとも分からないですしね
家族の笑顔守れる所は守ります

.

最終更新日:2016-06-03 00:07

コメント (0)